2015年7月11日

約一ヶ月ぶりです
久しぶりに週末いい天気になったので
きてみましたが、keitaさんだけでした
keitaさんもすぐに帰ってしまったので
誰もいません、
川の流れがこちら側になっていて、飛行場側が
ずいぶんえぐられています。
護岸工事があるのか?、測量のあとがあります。

ピンクのリボンをつけたペグがフィールドのずいぶん中まで
入ったあたりに打ち込まれています、
ここら当たりまで削られてしまうのでしょうか
誰もこなさそうなので、ひきあげました

午後は直江津港にイージス艦「みょうこう」が
入っていると言うので、見学にいってきました
以下写真だけになります
これは、妙高市になって10周年の記念イベントだそうです

さすがにすごい人気で並んで2時間まってやっとはいれました

私の後ろに、小さい女の子を2人連れた若い夫婦の家族がい
ましたが、その人たちは新潟市からで昨日前泊できたと
のことでした。
パパさんがマニアのようでどうしても見たかったのことでした
お疲れ様 です

DDGは、ミサイル駆逐艦(護衛艦)
Guided missile Destroyer と言う意味だそうです
受付の乗組員の方に聞きました
いよいよそびえたつ艦橋の内部へ・・・
中はとてもきれいです
あたると危なそうなところには、緩衝材が巻かれて
ありとても気配りが行き届いていました。
乗組員の方々もとても親切でいい感じでした
これは搭載されているミサイルの模型
実物は4メートルもあるそうです
前にいた長岡から来たという中学生グループが
一本いくらですかとたずねていましたが、係りの自衛官は
ウーン一億はするかな?と言っていました
実際には打てないですね!
こんなはしごをのぼって艦橋の上にある操舵室まで上がります
ビルの7階位の高さだそうです。不自由な身には結構つらかったですね
途中の階には上級士官の個室が・・・


先任伍長はキティーとカープのファンか?

各部屋も公開しているのですが館長室とレーダー室は

入れませんでした。
艦橋の4面に張り付いているように見えるのが
イージス艦のキモ:SPYレーダー
回転式レーダーと違い常時360度監視追尾が可能で
ミサイル迎撃の要となります
船首部のミサイル発射口

127mm速射砲:射程2400m

主要な武器はこれと、CIWS(シーウス)と
よばれる全自動20mm機関砲:これも
赤外線カメラによりミサイルや航空機を
自動補足して迎撃まで全自動で行う
イージス艦ならでわの武器だそうです
他にはロケットランチャーやハープーン
ミサイルもあるそうです
主砲からから艦橋を望む。カッコイイデスネー


船尾部のミサイル発射口と艦橋の裏側:裏側は
装甲がなくメカむき出しの感じがまたいいですね!
船のそばには陸自高田駐屯地からの車両展示もありました


大きいのは、ハマーですか?と聞いたら
いいえトヨタ製ですとのこと

今までハマーだとばかり思っていたのですが、自衛隊で使うもの
は国産なんですね、やっぱり

これはトヨタのランクルの上のメガクルーザーという車がベース
だそうです、市販車だと1000万だそうですが、これは内装を簡
素にして800万くらいだそうです
隣にあったチョット小ぶりな車はパジェロだそうです

知らなかったなー!
この装甲車は、コマツ製だそうです

ヘーソーナンダ!いろんなところで、いろいろ作られているんですね
と言うことで.、いろいろ見せてもらって、楽しかったですね

シャトルバスにのせてもらって帰ります。